トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    なるべく多くの中古車買取業者に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。

    同じ時刻に何社かの査定士に見てもらって、査定額を競争させるというのも有効でしょう。

    いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    また、契約を取り交わす時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには何点か考えられますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    さらに悪質な業者の場合は、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、自分が売ろうとしている車の相場の概算がしれるので大変有用です。

    スマートフォンなどからでも利用可能ですので、電車やバスの移動中などスキマ時間を有効に使うことができるでしょう。

    但し、気を付けなければいけないのは、査定を依頼した複数の会社から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、一気に電話で連絡されるのが嫌だったら、連絡手段がメールのところを探して利用するようにしてください。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、プロほど天候による差異などを熟知していて、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    それに掃除が行き届いている車というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    天気がどうこうという話では昔から同じくらいのメリット、デメリットを有するので、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    買取業者による中古車の査定では、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、加点減点を行い評価額を割り出します。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、むしろやらない方が良かったなどというパターンも少なくありません。

    自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係のさまざまな相談電話がかかってきます。

    この何年かは中古車買取業者についての相談は増える一方です。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら断っても執拗に営業電話が来て困っている、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    おかしいなと思ったら、冷静な第三者に相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    車体の色が定番色以外の場合には、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには流行が廃れているかも知れないからです。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、車を個人同士で売買する方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    いわゆる事故車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    その場合は使える部品や部位については個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、結果的にトクする方を選んでください。