トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    たいていの場合、中古車販売店の大手では、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際に受けることが出来るのが普通ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントと交換できるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったら実際にやってみると大変お得でしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、あくまでも簡単な査定方法にて導き出された査定金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにボディーの状態などは千差万別で当然ですから、詳細な見積額というのは車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりけりなので、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、業者が決まって売却するにあたっては、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、婚姻による氏の変更や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければ必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者がその場にいなければいけないとする強制的なルールはないものの、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり本人が査定に立ち会う方が良いです。

    たちの悪い業者だと、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、こっそりキズをつけて少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、だいたい1万キロというのが相場です。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている場合があり、あまり歓迎されません。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、車売却時に限定したことではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    自分が署名して捺印をすると、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、お金の部分に関してあいまいな点はないか、よく読んで確認してください。

    疑問点が生じたら遠慮せずに担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

    不動車は全く動かないため買取して貰えないと考える人も多いかも知れませんが、売却を諦める必要はないと言えます。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    パーツごとで考えればこれからも新品同様に使えるパーツがあるかも知れませんし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。

    通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

    基本的に自動車の査定時において、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    目立つ傷や凹みがあったとしても、素人が自己判断で勝手に直すことは止めた方が良いでしょう。

    自動車修理のスキルが高くなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。