トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    なるべく高値で中古車を売却したいときには、査定を一店舗で終了させないで多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで見積金額がアップすることは良くあることです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには無料で車の一括査定を行えるサイトを使うと良いのですが、この際にやたらと高い金額を表示してくる会社は詐欺まがいのことをされるかもしれませんので気をつけましょう。

    現実的に中古車買取店巡りをしなくても、いっぺんに多くの業者の見積もりを比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    ネット環境が整っていれば、簡単に誰でも時間の節約が可能です。

    ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、デメリットもあってしかりで、電話連絡が複数の会社から一気にかかってくるでしょう。

    買取業者からの電話攻勢に強いストレスを感じるようになったり、強引に取り引きを要求する会社があるかもしれないデメリットもあることを承知した上で利用すべきでしょう。

    中古車を見積もる際の基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、最初に断っておくべきです。

    先に述べた査定基準をチェックした上で、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、実際の査定金額を導き出します。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、10万を超えると過走行車となり、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、使えるパーツ単位で計算して相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはインターネット上の中古車買取一括査定サイトを有効利用すべきです。

    スマホ対応サイトも増えているので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    各社の査定結果がほぼ出揃った時点で、査定額の高いところから順に実際に話してみましょう。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところは「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    買取業者に車を査定してもらう時は本人がその場にいなければいけないとする強制的なルールはないものの、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、人が見ていないのを幸いとばかりにもともと何でもない部分に傷をつけたりして不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    買取業者に出してもらった査定額は、ずっと変わらないわけではないのです。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    車の査定額を見せられたときにその場で売ることを決心できないときには提示された査定額の有効期限がいつまでなのか必ず聞いておくようにしてください。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。

    近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのが多数派となってきました。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り見積額が高くなるかも知れません。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、事前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら売り払ってしまうことでかなりの節約になること請け合いです。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    これらの合計を出すと、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。